リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

人前で話す 苦手意識の取り除き方

人前で話す 苦手意識の取り除き方

■ハードルが上げすぎない

大勢の人前で話すのは苦手だと思うのはどうしてでしょうか? 

一言でいえば、
「自分で勝手に心理的なハードルをあげてしまっているから」です。


人前で話す ときに、ハードルをあげすぎてそれがプレッシャーになり、
本来持っている能力を発揮できずにいる方がほとんどです。


■かしこまって話そうとしない

大勢の前で話すときには、
普段ちょっと目上の人に話すくらいの丁寧さがあれば十分です。


ですから、堅い苦しい言い方はやめて普段つかう言葉で話すことです。


必要以上にかしこまって、
普段使わないような言葉遣いで話そうとする。


そして、つまずく。


いつも使っている言葉のほうが、
聞いている人の方々がリラックスしやすいんです。


■目的は「情報が伝わること」に絞る

スピーチの際に、うまく話して、いい格好をしたいと思うのは当然の心理です。

できれば、話し上手だと思われたいものです。


が、実際にそれができないのならば、
「自分がどう見られるか」を捨ててしまいませんか?


それよりも、伝えたい情報が伝わることに集中する。


絶対に言わなければならないキーワードが何か? 


「これさえ伝わればOK」という一文は何か? に絞って話せればいいのです。


最悪でも、この一文さえ伝われば大丈夫だと思うと、
かなり気が楽になりリラックスします。


■一語一句まで準備通りに話そうとしない

スピーチにあたって入念に準備をすることは、とても良いことですが、
「一語一句まで準備どおりに話そうとする」というのはいけません。


一語一句までそのまま話そうとすると、
結果として文面をマル暗記しようとします。


そうなると話の流れが堅苦しいものになります。


こういう考え方のなかで自分の心理のハードルを下げてみましょう。


そうすれば人前であがらなくて話ができるでしょう。


お互い頑張りましょう。

FrontPage

a:3079 t:1 y:0

コメント


認証コード4213

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional